バンガロー泊のメリットデメリット

こんにちは!しらすです。

 

現在(2019年9月)テントもシュラフ(寝袋)も持っていないしらす一家のキャンプは、バンガロー泊一択です。

「キャンプに行ってみたいけどテントが無い!」という時にはバンガロー泊は選択肢に入ってくるはずなので、バンガロー泊がどうだったのか、メリットもデメリットも全部ぶっちゃけてみます!

バンガロー泊4つののメリット

オトクに泊まれる

穂別キャンプ場で泊まったバンガロー。名前がかわいい。

 

まずこれ。

テントが無い場合、

  • グランピング(お高い)
  • テントをレンタルする(テントに当たりはずれがある)
  • コテージやトレーラーハウスに泊まる(お高い)

などなどが選択肢に上がると思うけど、バンガロー泊は比較的オトクにキャンプ場に泊まる手段としてとても良かったです!

 

「寝るところがある」という以外は、全部キャンプそのものなので、コテージやグランピングでは薄れてしまう「アウトドア感」もバッチリ。

もちろんバンガローでも値段はピンキリだけど、1棟1泊10,000円いかずに泊まれるキャンプ場もたくさんあるので、調べてみると「行きたい!」と思えるキャンプ場が見つかるはず!

 

ちなみに、無料キャンプ場じゃない限り、テント泊でも利用料金はかかります。

 

テントいらず

そしてこれ。

テント無くてもキャンプできる!

 

キャンプ初めて!何を準備したらいいの??と調べると、必ず出てくる「テント」。そしてテントの中に敷く「グランドシート」。

このテントとシートだけでまず数万円。

 

この出費が無いだけで全然気が楽です。

 

キャンプ初心者が実際に買った3 つの必需品

 

いろんなバンガローに泊まる楽しみ

そしてこれ。

調べてみると、キャンプ場によっては色々なバンガローを作っていることが分かります。

 

2人用から10人以上一緒に寝れるものまで。

ワンちゃんも一緒に泊まれるペットOKのもの。

BBQができる屋根付きテラスがあるもの。

嬉しいトイレ完備のもの。

なんとツリーハウス!

ロフトや2段ベッド付き!

 

などなど、どれに泊まろうか見ているだけでワクワクしてきます。

テント泊なら自分の持っているテントに寝るという一択ですが、バンガローを選ぶ楽しみを味わえるのはバンガロー泊のいい所!

 

ちなみに、Web予約ができるキャンプ場もたくさんあるけど、電話予約すると管理人さんに色々聞けるのでおススメです。

「炊事場やトイレが近い所がいいんですが…」

「気温はどんな感じですか?その日は混んでますか?」

「近くのコインランドリーまでどのくらいかかりますか?」

などなど、心配なことを直接聞けるので、しらすは断然電話予約がおススメ!

 

実際に、泊まりたいと言ったバンガローには窓が無いからと、別のバンガローを勧めて頂いて変更したこともありました!

 

設営の手間が半分

初心者にはこれも大事です。

 

普通、キャンプ場では、

  1. 設営の場所を決め、
  2. テントを張り、
  3. タープを建てて、

やんややんやが始まります。

この中の、①と②の時間を省略できるのがバンガロー泊!

 

あらかじめ泊まるバンガローは予約済みなので、場所取りに悩まずにすみます。

一番設営が大変なテントを張る作業もいりません。

テントとタープの一体型もありますが、それこそ張る手間がかかるよ。

 

タープだけちゃちゃっと建てればOK。

ほら、初心者に優しい!

 

バンガロー泊3つのデメリット

そんなこんなでメリットたくさんのバンガロー泊ですが、デメリットもありました。

隙間があるよ!?

網戸がやぶれていたり、隙間があったり、閉め方が悪いとドアが勝手に空いたり笑

完全な屋内というわけにはいきませんでした…

 

なので、虫対策は必須。

キャンプはいいが虫が死ぬほど嫌い問題と実際にとった7つの対策

ちなみに、キャンプ場の造りとして仕方ないんでしょうが、バンガローは木立のそばにありがちです。

ひろーいところにポツンというバンガローはなかなか無いんですね…

 

なので、立地の面でも虫は多めだと思っておいた方が良いかもしれません。

 

布団があるのかは施設次第

布団があるのかどうかは、キャンプ場によりました。

印象としては、基本的に布団は無いところの方が多いかな。

毛布やまくらをレンタルしている所もありますが、基本的に枚数は限られているとのこと。

 

寝袋を持っていくか、借りるか、寝る手段は用意しておきましょう。

うちはお客さん用の布団とまくらと毛布を、100均のカバーに詰め込んで持ち込みました。

 

 

空調などの設備

空調はないと思っておいた方がいいです。

寒い地域だと、暖房だけはあることも。

 

夏のバンガロー、暑かった!!

当たり前っちゃ当たり前なんだけど…

風通しが良いとは言えないので、そのつもりで泊まりましょう。

 

また、コンセントなども基本的に使えないと思っておいた方がいいです。

設備がある程度整ったところに寝たい!と言う場合は、コテージなどの方が無難です。

 

ということで、バンガローに泊まってみてしらすは思ったのでした…

テントが欲しいかも…!!!!!